メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計140万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』『お金のポケットが増える スゴイ!稼ぎ方』(かんき出版)。
日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。
又ベストセラーとなった『やる気のスイッチ!』を元に「やる気を出す方法についてもっと知りたい!」という方の為に、やる気のスイッチセミナーを開催し、多くのファシリテーターも生みだしている。
最近では、新刊のスゴイ!シリーズとして「スゴイ!話し方」「スゴイ!稼ぎ方」のセミナーや勉強会も頻繁に行なっている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。



○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・スゴコトスマホ版
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2018.05.07 Monday

2018/05/07 6:05 心が震える映像、あります。ぜひ、観てください!

アランコーエンのメルマガで

 

↓↓↓

 

*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*

心から、笑おう。

.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・

 

ってのがあった。

 

「心から、笑おう。」

 

心から、笑ったのいつ?

心から、笑うってなに?

 

__________________________

 

心が震える映像があるよ!

 

↓↓↓

 

http://www.youtube.com/watch?v=g91RzJqMNhU

 

心が震えたのいつ?

心が震えるってなに?

 

心から、笑う!

心が、震える!

 

めちゃ、重要!

めちゃ、大切!

 

あ!

ここに「登竜門」DVD

あります!

予告Vを観てもらうと時代を感じると思います!

 

↓↓↓

 

https://www.facebook.com/takumiyamazaki49

__________________________

 

 

 

よっちゃんの話、楽しい!!!

 

↓↓↓

 

父に言われ続けた・・・

務める=他人の会社だぞ

早く起業しなければと思った

 

火を発見(食べる、保存、陶器)

↓↓↓

車輪(運べるようになる)

↓↓↓

印刷(聖書→印刷できない→教会がチカラがあった/それが崩れた)

 

教会に支配されていたところから

ルターとカルベン

平等じゃん!!!

啓蒙運動(要はミーティングを始める)

嘘がバレ始める

 

聖書=情報を共有することにより

認識が変わった!

 

そこから数百年でDNAをいじれるようになっている

1000年の進化を10年でやるようになった・・・

今は3年でするようになった

 

価値観、スゴイ勢いで変わっている

今、変わらないのはリスク

 

30代

40代

50代

「私の若い時は流行っていた」

ずっと流行っている

情報感度がいいのは若い時

 

日本の歴史を知る必要がある

日本は奇跡の復興

日本はウルトララッキーだった!!!

冷戦時代にあり、ソ連・中国・北朝鮮が赤く染まった

軍事費はアメリカ持ちで、日本が復興 産業が成長する

日本の教育=画一化!!! 年功序列この時代に始まった 

 

日本の教育に洗脳された人たちを

どう冷凍を解いていくか?

これは啓蒙活動なんだ!

ルターとカルベンみたいな仕事。

 

均一教育

AIが出てきて弁護士はなくなる

医者も、金融屋もなくなる

金融、がっつり削減

ゴールドマンも1/10に人員カット

 

残るのはコミュニケーション

媒体(テレビマスコミネット)ではなく

人対人でやっていく

 

10億ドル

ユニコン企業

↓↓↓

アメリカ108

中国      58

日本↓↓↓

メルカリ

DMM    2社

 

インターネットでみんながつながった世界で日本人は勝てるのか?

価値を生む出すことができるか?

 

目を開いて世の中をみる!

戦う意思はあるのか?

武器をあなたに与える!

 

 

何、伝えたらいい?

ここだけ!(ハート)

思いだけ!

 

 

対談、楽しかった〜

 

 

E=お勤め E>e  仕事を覚える人達<仕事を教える人たち<それをまとめる人達

S=自営業=お勤めの方をまとめる人

B=ビジネスオーナー 仕組みを理解し、そのテンプレートに人を配置し、動かしていく人たち アイディアを働かせお金を稼ぐ

I=投資家 人生観を伝える人 仕組みが動くようにお金をサプライする人たち お金を働かせ、お金を稼ぐ

 

 

昨日のセミナーに参加した人たちの中で

違和感を感じた人もいると思います。

それは

あなたの実力に対して、今のあなたが似合ってないからです。

さ、はやく、抜け出してください!

 

 

お!

ありがとうございます!

三兄弟、皆様にお世話になっています♪

__________________________

 

流石のよっちゃん節だね〜♪

来週のボルドー、ヨロシクお願いします。

楽しみです!

__________________________

大副業時代の幕開け 政府・企業が後押し 

企業などで副業を認める動きが広がり始めた。趣味で培った技能を副業で発揮したり、副業で得た人脈を本業に生かしたり。政府もガイドラインを策定して副業解禁を後押しする。日本でも幕を開けた「大副業時代」の実態を探った。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30136960V00C18A5000000/

__________________________

 

本田健さんからのゴールデンウィークのプレゼント

 

↓↓↓

 

テーマは「失敗」と「お金」

 

↓↓↓


【失敗】失敗したら、もうダメだと思ってしまいます。
https://ameblo.jp/kenhonda/entry-12373797915.html


【失敗】失敗の怖さを手放すには、どうしたらいいでしょうか?
https://ameblo.jp/kenhonda/entry-12373799100.html


【お金】両親から引き継いだお金観を換えるには?
https://ameblo.jp/kenhonda/entry-12373861740.html

 

__________________________

 

清宮選手、内野安打で高卒ルーキーの記録となる「初出場から5試合連続安打」達成!

https://twitter.com/FightersPR/status/993002588609036288/video/1

__________________________

 

スプリーデンツ!!!

 

 

お疲れ様です!

 

 

福岡も楽しそう〜♪

 

 

お会いできるの、

楽しみです!!!

 

 

合流できず。

残念・・・

名古屋♪

 

 

藤井監督、ヨロシクお願いします。

 

 

大阪でも

ありがとうございます!

 

 

池田君、

ありがとうございます!