メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計140万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』『お金のポケットが増える スゴイ!稼ぎ方』(かんき出版)。
日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。
又ベストセラーとなった『やる気のスイッチ!』を元に「やる気を出す方法についてもっと知りたい!」という方の為に、やる気のスイッチセミナーを開催し、多くのファシリテーターも生みだしている。
最近では、新刊のスゴイ!シリーズとして「スゴイ!話し方」「スゴイ!稼ぎ方」のセミナーや勉強会も頻繁に行なっている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。



○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2018.01.25 Thursday

2018/01/25 17:37 ちゃんと`受け止め` ちゃんと`感じ`られる。

 

グミを食べたら美味しくて、夢中になった。

子供のときのように・・・

子供はこのレベルで味わってる?

 

はじめて「みる」ように`みて`、

はじめて「体験する」ように`体験する`。

あの頃の自分と「同一化」する。

 

その人の心になってみる。

その人の気持ちに合ってみる。

 

ちゃんと`受け止め`

ちゃんと`感じ`られる。

 

はじめてのように。

はじめてのように。

丁寧に感じる。

 

自分から、みて

その人から、みて

第三者から、みて

過去から、みて

未来から、みて

天から、みてみる。

 

こうなりたいを

自分で・・・

 

決める。

定める。

迎える。

治める。

誘なう。

 

「自分で考える」

「もっと考える」

なんでそうんだろう。

だからそうなんだ。

 

一休さん的に考える。

ポクポクポク、チーン♪でアイディアを降ろす。

「全然ダメなんです・・・」から考えない。

「さあ、どうしたらいいの?」から`ひらめく`。

 

会社を彼に任せる。

立場が人を創る。

月一度、報告日・・・

念を入れる。

 

その人を魅了する。

自分という鏡を通して

その人がその人を大好きになる。

 

 

 

たくさんの学びのニューヨークでした!

ありがとうございます!

 

 

ブルックリンからマンハッタンに移動する・・・

昨日より寒いが空気はスッキリ抜けている。

 

 

街は現代アートだ。

先日の日本の電車のグラフィックを

逆に世に出す方向にしたら日本も面白い。

 

 

一番最後に影響を受けるのがセンスだってこの前、誰かが言っていた。

一番、時間がかかるのもそれだろう。

 

 

今回の場所は「ボヘミアン」・・・

 

 

ここにバスキアが住んでいた。

ここで絵を描いていた。

その場所での展示・・・

 

 

夜な夜な、マンハッタンのここに、尖った人たちが集まっていたという。

 

 

キヨ号に乗って、いくつかの店を回り、ピンやテープを入手し、準備が始まった。

キヨ君、神です!

 

 

ボヘミアンを祭壇に変える。

 

 

テーマは「Happy End」・・・

 

 

キヨ君とノーホーへ向かう途中に降りてきた波動を掬い上げる。

 

 

儀式を取り仕切るように、エネルギーを注ぐ。

 

 

 

人が入り、電気が落ち、どう映るのか、見てみたい!

 

 

りさちゃん、お手伝い、ありがとうございました。

 

 

 

 

今回、スキャンされた作品たちは

電子書籍化される予定です。

 

 

地下鉄で移動して・・・

 

 

終わってチーズケーキを食べた。

ニューヨークの濃厚系チーズケーキ・・・

ヨーコさん、ありがとうございます。

 

 

その後、

ミカちゃん!

まいちゃん!

ななさん!

ありがとうございました!

ハナミズキでお茶・・・

 

 

そのあとのセミナーも

ほんと、ありがとうございます!

 

 

集中の2時間でした!!!

ありがとうございます♪

__________________________

 

各地でお世話になっています!

 

名古屋で・・・

 

 

ありがとうございます!

 

 

博多で・・・

 

 

神戸で・・・

 

 

東京で・・・

 

 

栃木で・・・

 

 

 

てっぺんで・・・

 

 

大阪で・・・

 

 

昨日のニューヨークでも・・・

 

 

佐々さん!!!

ありがとうございました。

__________________________