メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。
22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計130万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』(かんき出版)。 日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
最近では、映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。




○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・スゴコトスマホ版
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2017.12.21 Thursday

2017/12/21 7:37 考えることの大切さ。考えさせることの大切さ。

 

昨日の登竜門・・・

「達成」というテーマでした!

 

 

メモを送ってもらいました!

 

↓↓↓

 

guest
ryoko takeishi eme
yo otani dia
kento mori dia

・カリスマを受け取った人がカリスマをつくれる

・上手くいってないというアプローチからは何も生まれない
(・常に〜したい!
 ・常にワクワク!

・コンセンサスリアリティからはずれる(普通の考えから外れて考える)←薫さんがそう!
例、運転手が🅿とめられずグルグル、、、薫さん「1万円で止められるじゃない!」←無断駐車1万円

・ダイヤまでは足し算、
ダイヤ以上はかけ算(自分が一番のリーダーじゃなくて、リーダーをたくさんつくると跳ねる)


・amwayで一番
  大事なことは考えること。
(・先のこと
 ・やらせるコト
 ・考えされるコト

・スポンサリングはシンプル
登録→mtgかDVD→…

リーダーとは
・グループに見せられるスケジュール帳になっているかどうか、
(TO DO リスト、アポ、etc...

 

他の方からのメモも・・・

 

本日の気づき:

 

AWにひとが気づくタイミングは、一歩ひいて現実を見ることができたとき。

なので、いかに相手をコンセンサスリアリティの外に連れて行ってあげられるか考えてみる。

 

現実は全部自分の内側が映し出されているだけ。

相手から拒否され続けているひとは、自分が自分を拒否している。

なので、それが自 己肯定感に変わった時に世界は変わる。

自分は素敵な人生を送っていいんだと気づくこと。

拓巳さんはどうやって自己肯定感が上がるか考えてくれている。(思い当たる節あります!ありがとうございます!!)

自分もグループの子たちに成功体験や自己肯定感を上げてあげるためにどうしたらいいか、

考えてプロデュースしてみる。

 

 

以下、登竜門メモ:

 

うまくいっている人は、前倒しで準備しているだけ。

メンバーにしたことで達成感を感じるとそこで完結してしまう。

入ってもらったんじゃない。教えてあげてる!!

ダメンズを育成しない!

 

自分の時間を投資してスポンサリングしてい る。

その意識や雰囲気を醸し出して、相手に感じさせることができるか。

自分で自分の時間に価値をつけられるかどうか。

 

同じ人の名前しか出ないのは、依存している証拠。

mtg来れないひとにこだわるんじゃなくて、来れるひとを連れて行く!

 

カリスマ性は小さなところから。

きっとアイツはやる!と思わせる何か。

人が集まるからカリスマ性が身につくわけではない。

順番は逆。何もないところから、身につけていくもの。

 

出来事を暗い気持ちで受け取った時点で、マインドが暗くなっている。

夜は寝る!!お昼に考える!喧嘩も夜やらない笑

 

 

普通に生きたくなかったら 、コンセンサスリアリティの外に出る必要あり。

誰の責任を誰もとることはできない。

コンセンサスの外に出ると、全てが自己責任になる。

でも、自分で判断して物を進める力を身につけられるようになる。

それがAW最大の魅力!!

引いて見る癖をつける。気付いた人からなっていく。

自分で気づいて自分が周りを目覚めさせる。

 

考えることが一番楽しいこと。相手にも考えさせる。

やってあげるのではなく、一緒に考える時間を設ける。

 

AWはシンプル。答えは環境の中ではなく、習慣の中にある。

名前ごとにTODO書き出す。一歩先のSTORYに進むためにはどうしたらいいか。

一日3分でいいから集中する。毎 日!!!

自分で考えるから納得できる。

やらなくていい理由を思いつく前に、すぐやる!

 

全部を認めて愛する。

きついこと言って相手が離れていくなら、それは愛が足りていなかった証拠。

逆に全てやってあげることも愛ではない。手放す。

 

うまくいっているひとは、みんな他をサポートしている。競うより協力。

GIVEの精神。

グループにいてほしいひとに、自分がなる。なってほしいUPに自分がなる。

グループに見せられるスケジュール帳ですか?

 

誰かになんとかしてもらうのではなく、自分でなんとかする意識。

AWに対する姿勢は筋が通っている?

絶対わたしから聞いて!ぶっ飛ぶと 思うよ!という心意気、気概をみせられる?

 

人は何かの圧がかかるときに成長しようとする。淘汰圧。

全てが経験値になる。だから怖がらない。楽しむ。

そうすると、発する言葉、考え方が変わる。

 

Respect=自分の魂に対してのRespectが持てるひとが、他人をもRespectできる

 

「すごいことはあっさり起きる」を反芻する。

 

 

以上です☆

読んでくださってありがとうございました♫

 

ほんと、ありがとうございます!拓

__________________________

 

昨日の会場に

35年前の先輩が来られていました。
 

 

高校生の時、ほんと、お世話になりました。

なんか、感情が溢れました♪

奥井先輩、ありがとうございます!

 

__________________________

 

その前日は名古屋・・・

 

 

味噌カツの「矢場とん」にまさこと・・・

 

 

夜は「辻ホル」(笑)

 

 

夜は昼・・・

2回にわたるセミナー展開。

 

 

昼は「山本屋の味噌煮込みうどん」・・・

「名古屋めし」堪能!!!

 

 

そーだ。

カラオケ、朝の4時まで?!

 

 

楽しかったです♪

がんばってね〜

 

 

鹿児島軍団、会いたかった〜♪

__________________________

 

各地でお世話になっています!

 

 

浜松で・・・

 

 

ほんと、ありがとうございます!

 

 

 

大阪でも・・・

 

 

最高の人生を!!!

 

 

わお!

2位じゃん!!!