メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。
22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計130万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』(かんき出版)。 日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
最近では、映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。




○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・スゴコトスマホ版
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2017.07.19 Wednesday

2017/07/19 17:54 「ゴールの目的は、ゴールそれ自体ではない。  ゴールの目的は、ゴールを追いかけていく中で、  人間として進化することだ 」

 

昨日は

マキエさんとお茶をして・・・

未来予想図を語り合う。(笑)

 

昼は

和田夫婦とアメリカ、カルフォルニアについて

教えてもらった!

 

 

ありがとうございます!

 

 

ばったり遭遇・・・

 

動画送りますよ〜♪

 

友達にプレゼントするもう一冊を買ってください!

「買いましたよ」のメールをいただけたら 山崎拓巳から友達に送る「山崎拓巳の映像」を作ります。

http://taku-blog.jp/?eid=8830

 

 

夜は・・・

ウェビナーでした!!!

大森さん、ありがとうございます♪

 

http://hyper-omori.com/webinar/20170718/

 

 

 

 

各地でお世話になっています!

 

 

 

 

ニューヨークの友達の作品です!

↓↓↓

 

 

可愛くない?!

 

__________________________

 

池田貴将さんのメルアドから学ぼう!!!

 

↓↓↓
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ゴールに自分を引き上げてもらう方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界的なコーチ アンソニー・ロビンズは次のように言います。


「ゴールの目的は、ゴールそれ自体ではない。
 ゴールの目的は、ゴールを追いかけていく中で、
 人間として進化することだ 」


売上を増やすということを追いかけていく中で、
リーダーとして成長していくのかもしれないし、

収入を増やすということを追いかけていく中で、
時間の使い方が上達するのかもしれないし、

減量をするということを追いかけていく中で、
栄養や運動について賢くなっていくのかもしれません。


結果だけを追いかけると、
努力をやめたら結果も落ちてしまいます。


でも、“結果にふさわしい人間になること”を手にいれていれば、
努力をやめても、自然にその結果を維持できるようになります。


では、「結果にふさわしい人間」とはなんでしょうか?
もちろん、地位や生まれや年齢や性別のことを言っているのではありません。


“結果にふさわしい人間のレシピ”は、かなり明らかになっているのですが、
今日は「結果にふさわしい感情の状態」についてお届けします。


ゴールを立てそれを目指すとき、
私たちが欲しいのはゴールそれ自体ではありません。


私たちが欲しいのは、
「ゴールを達成したら、手に入る感情」です。


お金が欲しいのではなく、お金が与えてくれる自由が欲しかったり、
恋人が欲しいのではなく、恋人が与えてくれる安心感が欲しかったり、
知識が欲しいのではなく、知識が与えてくれる優越感が欲しかったりするのです。


ほとんどの人は「ゴール」それ自体しか見えていないため、
自分が本当のところ何を求めているのかが分からないでいます。

アンソニー・ロビンズは、

「ただ変わるだけなら、堕落だって変化だ。
 でも、進化をしていこうとしたら、意識的にしか進化は起きない」

と言います。


目標がある人は、その目標が達成されたら、
どんな感情をあなたに与えてくれるか、考えてみましょう。


して、日々のなかで意識的に、その感情を感じていけるように、
工夫していきましょう。


意識的に、日々のなかで、その感情を感じられるものを、
見つけていきましょう。


ゴールが叶ったときに、あなたに与えてくれる感情、
それを日頃から意識し、当たり前に感じられるようになったとき、

“感情”にふさわしい現実を、わたしたちは一瞬でつくり出すことができます。


また、ゴールへと向かうモチベーションには、
大きく分けると2つのタイプがあります。


“プッシュ型”と“プル型”


“プッシュ型”とは、自分で自分を押し出すように、
「やれ!やれ!」と自分を駆り立てるタイプです。


“プル型”とは、ゴールが自分を引っ張ってくれて、
「あれやろう!これやろう!」とゴールにつながるものがひらめく状態です。


短期戦には“プッシュ”で自分を押し出すことが有効ですが、
長期戦には“プル”で未来が自分をひっぱり続けてくれることが有効です。


子供が欲しいおもちゃのショーウィンドウに顔を押しつけるように、
望むものと自分がつながると、望むものがあなたをひっぱってくれます。


ゴールがあなたを引き上げてくれるのです。


そのために、

“望むものを手にいれている自分とそのときの感情”

をイメージして過ごすことです。


望むものはわかっているんだけど、
そのときの感情がイメージできないことがあるかもしれません。


そのときは、

「これって誰かに評価されるためにやろうしてないか」

をチェックしてみてください。


誰かを喜ばせることももちろん大切ですが、
自分が喜ぶことがイメージできなければ、結局叶うのは難しいですから。


誰かに期待される未来ではなく、“自分が喜ぶ未来”をまずは描くように、
してみてください。


少しでもヒントになったら幸いです。


池田貴将
 

__________________________