メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。
22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計130万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』(かんき出版)。 日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
最近では、映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。




○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・スゴコトスマホ版
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2017.03.05 Sunday

2017/03/05 18:13 今日は中島薫さんの誕生日イベント!!!

 

今日は中島薫さんの誕生日イベント!!!

パシフィコ横浜♪

 

 

野球の打ち合わせも!!!

負けないぞ〜♪

 

 

今度、彼女とトークライブをやります!!!

 

4/25(火)山崎拓巳・ミミ

「MARRY YOURSELF FIRST(まずは自分と結婚すること)」日本の働くシングルペアレントを応援する講演会

 

MARRY YOURSELF FIRST(まずは自分と結婚すること)
日本の働くシングルペアレントを応援する講演会




■イベント説明・内容
働くシングルペアレントにインスピレーションを授け、自分のアイデンティティーを認識させる。
自分を必要とする世界の中で自分は何ができるのか。
子ども達がいちばん大切だということを常に伝えながら、自分の環境地域に影響を与えられるような行動、努力に責任を持つこと。

?仕事、融資(資金)の実現、尽力のための新しいソリューション(解決方法)を発見する。
?人生における優先順位をはっきりとさせ、ストレスのない現在、そして金銭的(財政)目標と家族の幸せが実現できる未来を手に入れる。
?ゴール(目標)のために突き進み、頭の中からは「絶望」や「マイナスな反応」はかき消すこと。 
?家庭に幸せをもたらす新しい術を見出す。

当日は「10のポジティブな道しるべ」についてもお話いたします。

■イベント概要
日時:2017年4月25日(火)
19:00 オープン
19:30 開始
21:00 終了予定

定員:30名
参加費:4000円
複数名申し込み割引:3500円(複数名でご参加の場合はこちらの金額とさせていただきます。)
クラブS会員特別価格:サンクチュアリ出版年間購読会員 割引価格3000円
イベントが12000円割引になるお得なクラブSとは?

 

http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/